2016
06.04

N.’Temari’【テマリ】

リリース中のミロク・ラボ交配スイレン

_A3C4854_A3C3208_A3C7500

育てやすい耐寒性スイレン、植え込み4号浅鉢でも栽培可能な品種です。花びらに斑が入るのが特徴で、また初日ピンク色の花は、三日目には白花へと変化します。
耐寒種としては非常に香りがあるので、あわせて楽しんでみてください。

【写真上左】30センチの深型テラコッタ(植え込み4号浅鉢)での栽培イメージ
【写真上中】50センチのプラ睡蓮鉢(植え込み5号浅鉢)での栽培イメージ

_A3C0189斑を楽しみたい場合、大きく育てると色濃くなり斑も安定しますが、水面から花を持ち上げて、まるで違う品種のような雰囲気になります。
またその場合、根茎を勢いよくのばしていきますので、楽しみ方にあわせて栽培してください。

【写真左】1mのコンテナ(植え込み50センチプランター)での栽培イメージ

 

品種 Nymphaea ‘Temari’ / テマリ
種類 耐寒性スイレン
株のサイズ 小型 – 中型
栽培難易度 非常に育てやすい
睡蓮鉢の推薦サイズ
・株もとからの水深
直径50センチ以上の睡蓮鉢(植え込み4号浅鉢)
水深10センチ以上
栽培ノート オススメの栽培方法は4号浅鉢に植え込んで、株を小さくした栽培。時折、3センチ程度の花になることも。シーズン通していろんな花の変化を楽しめます。
栽培については、HOW TO | スイレンの育て方のページをご覧ください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。