2018
02.20

N.’Hagoromo’【ハゴロモ】

リリース中のミロク・ラボ交配スイレン

2017年度夏リリース品種。
試験的に様々な野生種を掛け合わせてた中で、今までとは一風変わった印象のムカゴ種がうまれました。

ムカゴ種の元となる野生種・ミクランタ【Nymphaea micrantha】を交配親に使ったスイレンは、なかなか特徴的なものができにくく、どれも似通ったものが多くでる傾向があるですが、このハゴロモは雄しべが弁化したことにより、花の印象が大きく変わり、また弁もとがほんのりピンク色に染まる星咲きスイレンです。それ以外にも葉の肉厚な質感や模様など、今までのムカゴ種にはない印象をもっており一風変わったスイレンをお探しの方にオススメ。

40cmプラ鉢で充分栽培可能な育てやすいスイレンです。

【写真上】直径38センチ睡蓮鉢での栽培イメージ

販売は、こちらのページに記載の販売店に問い合わせてください。

 

 

品種 Nymphaea ‘ Hagoromo’ / ハゴロモ
種類 熱帯性スイレン ムカゴ種
株のサイズ 小型  – 中型
栽培難易度 育てやすい
睡蓮鉢の推薦サイズ
・株もとからの水深
直径40センチ以上の睡蓮鉢|水深 15センチ以上|植え込み  4号(できれば20センチ以上の深めの環境が好ましい)
栽培ノート 水深がある方が、花軸が綺麗にのびて綺麗に咲かせることができます。
栽培については、HOW TO | スイレンの育て方のページをご覧ください。
コメントは利用できません