2019
06.24

N.’Johnasan’【ジョナサン】

リリース中のミロク・ラボ交配スイレン

2019年度夏リリース品種。
ミニスイレンの育種を行う際に、もっとも気になるのが花びらの白さです。当初ミニをつくるのにミロク・ラボではn.minutaという野生種からスタートしたことにより、どうしても地色がアイボリー色になってしまう傾向がありました。
このN.’Johnasan’は、目が覚めるほどの白い花びらを持ち、鮮やかな黄色の柱頭(花のセンター部分)とのコントラストが美しい品種。初日ややカップ気味に咲かせる表情や、ジョナサン特有の葉の模様も目を楽しませてくれます。
花付きがよく限られた環境でも栽培できる育てやすい品種です。

※非ムカゴ種のミニスイレンの増殖には、時間を要するものが多く、年間にそれほど多くは出せないことから、コストが高くなっています。

30cm以下の睡蓮鉢でも充分栽培可能です。

【写真上】直径24センチの陶器鉢での栽培イメージ

販売は、こちらのページに記載の販売店に問い合わせてください。

 

 

品種 Nymphaea ‘Johnasan’ / ジョナサン
種類 熱帯性スイレン 一般種
株のサイズ ミニ
栽培難易度 育てやすい
睡蓮鉢の推薦サイズ
・株もとからの水深
直径25センチ以下の睡蓮鉢でも栽培可能|水深 7センチ程度|植え込み  2号(出荷時、2号に植わっているので、そのままワンシーズン栽培可能。)
栽培ノート 栽培については、HOW TO | スイレンの育て方のページをご覧ください。
コメントは利用できません