球根の芽吹き

今日は栽培に関する話。これは、2010年からフェルトに包んで持ち越した、ギガンティアネオロゼアの球根。今3つほど芽吹かせてる最中だが、三日間で、こんなに勢いよく生育している。
フェルトで包んでよく失敗するという話しを耳にするが、球根を包むまでに”休眠させるプロセス”こそが、冬越しのキモになります。
そんな冬越しに関して、来月7月24日 枚方市の京阪園芸さんで、詳しくお話ししたいと思います。お時間のある方は是非お越しください。
当日実生株の販売も予定しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください