HOW TO | 一般的なスイレンの育て方

※こちらでは、一般的なスイレンの育て方について紹介しています。

※※当ミロクラボで扱うスイレンは小型化したもの・コンパクトに栽培できることをコンセプトに育種選抜したものなので、栽培については各品種紹介のページを参考にしてください。


熱帯性スイレンの好む環境

kankyo_tropical2

植え付け容器 ムカゴ種 3〜4号鉢(直径9㎝〜12㎝)
一般種 4〜5号鉢(直径12㎝〜15㎝) 

※ミロク・ラボのスイレンは各品種のページを参照
睡蓮鉢の一般的な
推薦サイズ
ムカゴ種 直径40cm以上
一般種 直径50cm以上 

※ミロク・ラボのスイレンは各品種のページを参照
肥料 効き目が長いコーティング肥料がオススメです。
リン(P)多めの濃度の高いものが理想的
用土 赤玉土細粒(入手しにくい場合、小粒でも代用できるが、なるべく粒が細かいものが理想)3:完熟した腐葉土(もしくは完熟ピートモス)1:をまぜたもの

植え込み時は、隙間がないように、しっかり土を押さえ込むのがポイント!

株もとからの
一般的な水深
15cm以上あるのが望ましい 

※ミロク・ラボのスイレンは各品種のページを参照
植え込み位置 成長点が中心になるように苗をおく
設置場所 なるべく株元に直射日光があたるような日当たりの良い場所がおすすめ
日常の管理 スイレンは日光が大好きな植物。株もとに日が当たるよう水を濁らさないことが基本、葉は成長とともに生え替わっていくので、水質維持のため茶色くなった葉はすぐに取り除き、花の終わったものも花柄ごと株元から取り除く

耐寒性スイレンの好む環境

kankyo_hardy2

一般的な植え付け容器

10号(直径30㎝)くらいのプランター 

※ミロク・ラボのスイレンは各品種のページを参照

睡蓮鉢の
一般的な推薦サイズ

直径60cm以上 

※ミロク・ラボのスイレンは各品種のページを参照

肥料 効き目が長いコーティング肥料がオススメです。
リン(P)多めの濃度の高いものが理想的
用土 赤玉土細粒(入手しにくい場合、小粒でも代用できるが、なるべく粒が細かいものが理想)3:完熟した腐葉土(もしくは完熟ピートモス)1:をまぜたもの

植え込み時は、隙間がないように、しっかり土を押さえ込むのがポイント!

株もとからの
一般的な水深
15cm以上あるのが望ましい

※ミロク・ラボのスイレンは各品種のページを参照
植え込み位置 成長点が中心になるように苗をおく (上記図解参照)
設置場所 なるべく株元に直射日光があたるような日当たりの良い場所がおすすめ
日常の管理 スイレンは日光が大好きな植物。株もとに日が当たるよう水を濁らさないことが基本、葉は成長とともに生え替わっていくので、水質維持のため茶色くなった葉はすぐに取り除き、花の終わったものも花柄ごと株元から取り除く。

オススメの本のご紹介

book当ウェブサイト管理人が執筆した本のご紹介。
スイレンの魅力を、この一冊にまとめてみました。写真やイラストをたくさん使い、世界中の様々なスイレンを紹介しています。
また、栽培に関して、はじめて育ててみたいという方にも、わかりやすく
そして栽培経験がある方にも面白いと思える内容を散りばめてあります。
是非手にとってみてください。
育ててみたい美しいスイレン